すすきののキャバクラで秘密の気持ちいい体験

いつもはガールズバーに行きますが今回はキャバクラ!

すすきのではキャバクラはおっぱぶ。ニューキャバクラがキャバクラという名前です。

私が経験したのはすすきののキャバクラです。おっぱいを出して、チュパチュパしてくれるお店です。

先述しますが、使ったお金は16000円ですみました。たしか2セットの利用です。

一般的なおっぱぶとしては非常に安いかと思われます。

お店に入った瞬間に、AVの世界のおっぱぶでした。「◯◯ともうします」ときて名刺をいただきまいした。非常にかわいいです。

身長は167センチとモデル体型の女性でした。キャバクラと同じで指名することが可能でした。そのまま◯◯ちゃんを指名して2時間以上いっしょにいて、おっぱいをしゃぶりついてました。

途中でディープキスをしてました。その上、彼女のおっぱいはGカップはある最強のおっぱいでした。キス、おっぱいちゅーちゅーだけでなく。

ハッスルタイムがあって、◯◯ちゃんは私の股の中で踊ってくれます。もう最高です。そのハッスルタイムのあとは、2セット目ということで奥に連れて行かれ、フェラもしてくれました。

ほとんどヘルスと変わらない状態で最高すすきのです。

すすきののガールズバーで出会ったハーフの女の子

私が北海道で経験したガールズバーでのお話しです。

北海道の歓楽街はすすきのしかありません。キャバクラ、ヘルス、ガールズバーとたくさんあります。北海道には歓楽街がひとつしかないためレベルは低いだろうなあと啖呵をきってました。

啖呵を切った私がいうのもなんです。すすきのの女の子のレベルは高いです。

異常にかわいい女性。異常にモデルっぽい女性がたくさんいらっしゃいました。

私の担当してくれた女性はAさんというハーフの女性でした。実際にモデルとしても働いていました。話がうまく、綺麗な女性でした。

私の勝手な妄想ですが綺麗な女は高飛車な女で、私のいうことなどまともに聞いてくれないと思ってました。Aちゃんは本当に優しくて、すぐにLINEも交換することも可能でした。かわいい女性でした。趣味も同じビーズ好きの女性でした。

ここのガールズバーは私の地元のガールズバーよりも安くて、レベルが高くてたまりませんでした。1時間30分いても4000円ですむガールズバーなんて最高です。

次に旅行行くときは3時間くらいいてもいいかと思ってます。すすきののガールズバーでしか経験できない感想に関して、北海道にいる綺麗な女性がすすきのに集まるため、確率高めで水商売の女性って綺麗な方が集まるなって感じました。

ガールズバーとキャバクラの違いについて、そこまで違いはわかりません。でも、すすきののガールズバーは北海道の表と裏の情勢を教えてくれる場所としてもいいと感じました。もし水商売のお店をやる場合は北海道がいいですね。

ヌクだけじゃない、すすきのガールズバーは最高!

コミュニケーションを期待して、まずはガールズバー

社員旅行で北海道に行き、夜を堪能してまいりました!

独身貴族の私は普段から風俗や飲みに行くのが大好きですが、今回は北海道ということで全国でも有名なすすきのの風俗を楽しもうと、仲の良いいつものメンバーと連れだって、会社主催の宴会を抜け出してまで行くことにしました。

目指すはソープですが、その前に地元の人たちのコミュニケーションも必要だろうと、ガイドさんがお薦めしてくれたガールズバーで一杯ひっかけることにしました。

 

思わぬレベルの高さのガールズバー

私自身はヌクのが大好きなので、あまり期待せず向かったガールズバーですが、これが思わぬ楽しくて長居してしまったのです。

女の子のレベルは可愛い子が多く、しかも人数が多いのでほぼマンツーマン、愛想もよくて少しHなのは最高です。

女の子に聞いてみるとやはり観光客が多く、シーズンではかなり女の子の人数も補充されるのに加えて、ボーナスなども奮発されるからだそうです。

都会のガールズバーなんて比較にならないほどの可愛さなので、めっちゃ楽しかったです。

さすがにツーショットキャバクラまではいかないけれど、カウンター越しとはいえほぼ確実に女の子が付いてくれるので、キャバクラと変わらないくらいの接客サービスで、かつ値段もお得。最高ですね・・・。

他の同僚に聞いてみたところ、他の店もこんな感じだったらしく、やはり風俗の本場すすきのは、どの業種においてもレベルが高いのだと感動しました。

初めてのすすきののガールズバーM店は普通だった・・

上司に連れられて初来店

来客がいない社内では下ネタを連発するような最低な上司と一緒に北海道へ出張したとき、初めてガールズバーという場所を経験しました。それまでは普通のバーにばかり入り浸っていましたから、何事も経験が大事だと思って来店することになったのです。そもそものきっかけは、上司からの誘いでした。夜のすすきのということもあり、なおかつガールズバーという名前の響きが男心を刺激したのは言うまでもありません。

おまけに下ネタ大好きな上司のことですから、私を一人前の男にしてくれるのだろうと期待したものです。ナニが起こるのかについて期待に胸を膨らませながら、すすきののガールズバーへと入って行きました。

少し期待したけどナニもなかった

黄色い声援のような声が店内に響きわたり、私と上司は大歓迎されました。しかしながら、どこにも個室へ通じるような通路が確認できません。そればかりでなく、どの来店客も普通にお酒を飲んでいるだけです。

もしやと思って上司にヒソヒソ声で真相を確かめると、出張の合間にナニを期待しているのかと軽く怒られてしまいます。しかしながら、ギャンブルで忙しい上司にとっては部下に奢るときの最大限の配慮だったことは言うまでもありませんでしたので感謝するしかありませんでした。

結局はガールズバーをそれなりに楽しむことができたので、満足しなかったといえば嘘になります。もう一度ぐらいは来店してみたいです。

ガールズバー行脚の旅ですすきのに到着!

24歳にしてアーリーリタイアという暴挙に出た

祖父が天国に行ってからというもの、すっかり労働意欲が失せてしまっていました。それもそのはずで、遺産相続によって人生を二回ぐらい楽しめる財産を手にしてしまったからです。そんなわけで会社を辞めた私は、すでに24歳に達していました。

もう十分すぎるほど歳をとったような気がしていましたが、友人からしてみればアーリーリタイアするには早すぎるだろうと言われてしまいます。それでも私の考えは変わらなかったので、とりあえずかねてから興味がありすぎたガールズバーに来店することを決めました。

それも全国各地のガールズバーに来店して楽しんでやろうという旅なので、かなりのお金を使ってしまいました。

すすきのの夜は楽しかった

最も印象に残っているガールズバーは、すすきのにありました。

今でこそ新幹線が開通しているので移動が楽になっていますが、当時は高所恐怖症のためフェリーで移動することを余儀なくされたのでかなり疲れました。しかし、そんな疲れもガールズバーのおかげで吹き飛んでいきました。内装は一般的なガールズバーと変わりがありませんでしたが、店員さんたちのトークが楽しかったのです。たとえば、どんなにキツイ下ネタをぶっこんでみても顔色一つ変えることなく気の利いたコメントを放ってくるので大いに満喫できました。

その他にも何かと良くしてもらったので、すすきののガールズバーは再考でした。

北の大地でのガールズバーを体験!

先輩と札幌に旅行に行った際、すすきのにある風俗店を利用した帰りに、ガールズバーのキャッチに声を掛けられ、おもしろそうだったので利用することにしました。

店内はお洒落なバーのような雰囲気で私達以外にお客は入っていませんでした。

着席するとさっさく女性陣が登場(3人で行ったのですがマンツーマンでした)し、スタートしました。90分制の飲み放題で3,500円、女の子のドリンクは一杯1,000円という内容でした。先ずは北海道話からスタートし、評判のお店や遊びスポットなど当たり障りない内容から会話をしていきました。やはりガイドブックに掲載されていないようなお店を詳しく知っていましたので、翌日以降の旅行に活かすことができましたし、締めのラーメンは女の子お勧めの味噌専門のラーメン店を利用しました。
そこから先は下ネタを中心とした話題に切り替わっていきましたが、イヤな顔一つしないでノリ良く話題についてきてくれたことを覚えています。

また、東京のガールズバーと比較して女の子は非常にピュアでしたし、最後は女の子の赤裸々な恋愛相談に話題が発展して非常に盛り上がりました。
私たちの入店以降多くの客が来店するようになり、店は賑わっていました。客層としては地元の客が多いようですが、観光客のほうがお金を落としてくれるのでありがたいと話していました。また北海道に旅行に行く計画を立てていますので、その際には再度利用したいです。